2008年11月11日

高齢者 マンション いいトコあるみたい。高齢者だからいいマンション住みたいですよね。

昨日の夜、テレビで見ました。


高齢者用マンションのニーズについて。

高齢者が何を求めているかというと、自分にはナカナカ分らないものですが、一般的には高齢者住宅は、介護をメインとしたものが多いようで、看護士が常駐したりしているところは多いようですが、逆に元気な高齢者にとっては不要なものともいえます。

で、昨日の夜に観たテレビで感心したのは、高齢者でも自由に外出できるマンションでした。

何でも「食堂」があって、一食500円くらいから食事が出来るということでした。

家賃は1Kで9万円といっていましたが、コレは相場より二割くらい高いそうです。

が、しかし、夜なども自由に外出出来るそうなので、そこにすんでいる高齢者の女性の話だと「普通のマンションと変わらない住み心地」ということです。

ま、当たり前ですわな。


高齢者だからといって、自由に外出できないのでは不便でしょうがありませんね。

食事だって、ひとりで生活していると結構割高な感じになるので、歳をとって、体が自由に動かなくなってくると料理もままならなかったり、まためんどくさかったりすると思います。

特に男性高齢者は、一人では自分で料理も出来ない人は多いでしょう。

自分が高齢者になったらと思うとナカナカ想像が付きませんが、今の高齢者にとって何が一番求められているか、高齢者の側に立った見地でのサービスがもっともっと必要と思われます。

ね。



posted by ニャン吉 at 16:47| 日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。